BLOG

広島生まれの純国産スニーカーでございます!

広島生まれの純国産スニーカー、スピングルムーヴ!

SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)

広島生まれの純国産スニーカー、スピングルムーヴ!

ボストンクラブHEPFIVE店のワカバヤシでございます。 当店スタッフのヤマネ君とは違い(笑)、あまりマニアックでない情報やエピソードをお伝えできればと思っております。
しばしお付き合いいただければ幸いでございます。

今回は老若男女に国内外を問わず人気のスピングルムーヴのご紹介でございます。
スピングルムーヴは職人気質あふれる街、広島県府中市から誕生した純国産ブランドでございます。



広島生まれの純国産スニーカー、スピングルムーヴ!

画像はSPM-110というモデルでございます。
スピングルムーヴを代表するアイテムの一つであるこのモデルは、アッパーにオーストラリアカンガルーの革を使ってまして、柔らかくて軽く柔軟性もあり、足に馴染みやすいモデルでございます。
皆様ご存知の通り、カンガルーは良くキックをしたりします(笑)ので、甲革にどうしてもキズが入ったところが出てしまいます。
出来るだけ目立ちにくい場所で職人さんが革を裁断するようにしてますが、これもカンガルーレザーの一つの味となっております。

スピングルムーヴは天然レザーではカンガルーをはじめ、牛、馬、豚、ラクダ、ゴード(山羊)、シープ(羊)、クロコダイル、パイソン(ヘビ)、リザード(トカゲ)、イール(ウナギ)、珍しいものではシャーク(鮫)などを使用し、様々な表情の靴を生み出すことに挑戦していらっしゃいます。



広島生まれの純国産スニーカー、スピングルムーヴ!

スピングルムーヴの特色の一つが、ソールがそり上がってアッパーを巻き込んでいる この独特のデザインでございます。
見た目はもちろんのこと、底とアッパーの結合が強く、底が剥がれにくい、型崩れしにくい、といった機能性も兼ね備えたこのフォルムは、硫黄を加えたゴム底と靴本体を接着し、釜にいれ熱と圧力をかける、170年以上も前の1839年にアメリカの発明家チャールズ・グッドイヤーが発明した「バルカナイズ製法」によって作られております。
「バルカナイズ製法」は基本的に手作業のため、 想像以上に労力と手間がかかり 生産効率が悪く、その数は激減し、現在、日本でバルカナイズ製法を行っている会社は三社のみ、といわれております。
実際工場に見に行って来ましたが、職人さんが手作業で仕上げて行く姿は、誇りと自信が感じられて感動すら覚えます。
より一層大事に履こうと思いますね(笑)
それ以外に特徴が有りまして、土踏まずと、中骨足(足の裏の真ん中らへん)にクッションが有り、前ズレが少なくピタッと足裏にはまると履きやすく疲れにくいので、リピーターが多いのも特徴なスニーカーです。
一度お試し下さい。癖になるかもです。



スピングルムーブに関して多く寄せられているお問い合わせをご紹介させていただきます。

Q.1 スピングルのアッパーに使われてる素材の特徴は?

牛革
強度を保つため厚みを持たせるため少し重くなります。ゆっくり育てたい方はオススメです。

カンガルーレザー
密度が高く薄く加工が出来、強度も高く軽いのが特徴です。その特徴から野球のスパイクにも使用されてます。

鹿革
肉厚でかつ、非常に軽く通気性も良く非常に柔らくて独特のシボ(凸凹)が有るのも特徴です。

キャンバス
バイオウォッシュ加工のキャンバスを使用。酵素を使用し、繊維を柔らかく仕上げた素材です。

ピッグスウェード
スウェード(裏面の起毛加工)の中でも特に柔らかく、 三本一組のそろった毛穴があり通気性が良いのが特徴です。

オイルドワックスレザー
牛革にオイルを染み込ませた革で、足に馴染みやすく、革の経年変化が楽しめます。


Q.2 重い?

アッパーの素材で多少重みも変わりますが、天然ゴムを使用しているため重みが出ます。弾力性とグリップ力が強く、屈曲も良いです。
例えば、SPM-110のSS(23.5)とSPM-110のL(26.5)の片足の重さは、SSで(288g)イチゴ8個分、Lで(352g)350mlのペットボトルの重さでした。
現代のスニーカーには発泡ウレタンが使われてる事が多く非常に軽いのですが経年劣化が早いのも特徴です。


Q.3 ソールの減りが早い?特に踵の底面?

履く際に、足を踵に付けて、脱ぐ時はヒモを緩めて履く時は閉め直すとソールが一部分だけ減ることが無くなり、全体にゆっくり減るようになります。


Q.4 幅が狭い?

モデルによってさまざまです。
SPM-101やSPM-110と言った代表的なモデルは幅がやや狭めですが、SPM168やSPM-198は細そうに見えますが、101や110よりは広くなります。
SPM-442がやや広めで、SPM-356がスピングルの中で一番広いモデルになります。


Q.5 修理できる?

ソールカラーと減り具合によりますが、底の表面を削り、圧着して付け足す事が出来ます。
爪先から踵までのオールソールで\6300+TAX~
底の踵のみだと\4700+TAX~
インソール交換\4100+TAX
ファスナー(片足)\2600+TAX~

サイドゴアも修理出来ます。
1ヶ所\3100+TAX~
4ヶ所\6800+TAX
他にも、修理可能な場所はございます。


Q.6 なぜ値段が高い?

希少価値の高いレザーを使っていたり、生産工程が紳士靴並みにあり、手間と時間がかかるためです。


Q.7 水に強い?

希少価値の高い素材が多いので、防水スプレーで雨や汚れから守る方が良いでしょう。Bizシリーズは撥水加工モデルがございます。


Q.8 クッションが良い?

中敷きには天然のラテックスラバーを採用し、化粧品のパフにも使用される素材を使用しております。


Q.9 スリッポンはない?

代表なのは、SPM-211のマジックテープのタイプがあります。季節によって、スリッポンタイプも出ます。

スピングルムーブ SPINGLE MOVE

  • 品番:SPM110-BLACK
  • 価格:¥18,000+TAX
スピングルムーブ SPINGLE MOVE


ページトップへ