スニーカー 通販 | BOSTON CLUB ボストンクラブ スニーカー

 

JOURNAL

当店スタッフがおススメする買ってよかったアイテムVol.3

当店スタッフがおススメする買ってよかったアイテムVol.3
パラディウム パンパハイ オリジナーレ

PALLADIUM(パラディウム)

パラディウム パンパハイ オリジナーレ PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE

当店のスタッフに実際に自分で購入して、良かったと思うアイテムをご紹介する本企画。第3弾は、大阪天王寺のHOOP店の山根が買ってよかった「PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE」です。

「古着で家の床が抜けそうなんです」と語るほど古着マニアな彼らしい視点で、このアイテムについて語ってくれました。



パラディウム パンパハイ オリジナーレ PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE

-いや早くも3回目にして、まさかのブランド被り(笑)


山根:ですよね(笑)そう思ったんですけど…


-これだけブランドがある中で、企画3回目にしてブランドを被せてでも、あえてこの商品を選んだという理由を教えてください


山根:あっ圧が…(笑)古着がもともと好きで、最近の私の中ではミリタリーアイテムがブームです。なので、それらと相性の良いスニーカーを考えたら、やはりフランス軍のブーツを作っていたブランド、そのスタイルを作り続けているブランドとして魅力を感じました。

パラディウム パンパハイ オリジナーレ PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE

-使ってみて良かった点を教えてください


山根:なんといってもシルエットですかね。ミリタリーブーツらしくないボリューム感で意外とスッキリと見せられるでもミリタリーなブーツ。ハードに見えすぎないデザイン。意外と色々なファッションと相性が良いと思います。キャンバスだから年中履けるんで、夏は短パンなんかで少しボリューム出して履くのもカッコいいですね。シューレースをカラー物に替えるのも雰囲気が変化できるので楽しいです。



-履いてみてどうですか?


山根:しっかりしたキャンバス地、丈夫なアウトソールなので、結構ハードに使用しても問題ないですよね。履きこんでいったら味が出てきて、どんどん雰囲気もカッコよくなっていくのも楽しみです。またPARADROPというクッション性が高いインソールを採用しているので、クラシックな見た目なのに履き心地はとても良いです。



-サイズ感は?


山根:私のマイサイズは、PUMA スエード27.5cm、セル28.0cm、コンバース オールスター27.5cm、ナイキ エアフォース1 27.5cm、エアマックス95 27.5cm、ニューバランス 996/1400 27.5cm
本モデルは、27.5cmを履いています。基本は普段のスニーカーサイズでOKだと思います。他のPAMPAシリーズよりも気持ち幅や甲の高さは大きく感じます。足幅の一番広い部分に縫い目がないので足あたりが良いです。



-コーディネートのポイントを教えてください


山根:ミリタリー由来のブランドなので、ミリタリーファッション、アイテムとの相性は良いというより、合わないわけがないですよね。やはり古着好きなので、そのアイテムの背景だったり歴史だったり、ヒストリーをすごく意識しますので、今回は、パラディウムが1947年に誕生したので同年に採用されたフランス軍のM-47カーゴパンツを取り入れました。フランス軍のアイテムはこのM-47カーゴがマルタン・マルジェラのショーで使われたり、またF1ジャケットなど様々なアイテムが多くのブランドにサンプリングされたりするなどデザイン性の高さはその点からも証明されています。 タイトなパンツでボリュームを出す履き方が出来るだけでなく、太いシルエットでスッキリした印象も与えられる秀逸なデザインです。シューレースを赤に変えて少しアクセントも入れてます。



パラディウム パンパハイ オリジナーレ PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE

いかがでしたでしょうか?インタビュー形式でおくる「当店スタッフがおススメする買ってよかったアイテム」。常に最新のスニーカーに囲まれているスタッフが、多くのスニーカーの中から、なぜそれを選んで自ら購入したのか?彼らの様々な視点や感性、スニーカーやファッションが大好きな彼らのストーリーを今後もご紹介してまいります。



PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE

  • 品番:75349-060
  • カラー:Black/Black
  • 価格:¥8,500+TAX
パラディウム パンパハイ オリジナーレ PALLADIUM PAMPA HI ORIGINALE

ページトップへ