スニーカー 通販 | 大阪梅田、天王寺のBOSTONCLUB ボストンクラブスニーカー

 


PUMA Suede Mid Classic BIG SEAN SUEDE 50th anniversary 366300-01

価格: ¥13,824 (税込)
数量:
在庫サイズ在庫購入
サイズ25.0cm× 入荷連絡を希望
25.5cm× 入荷連絡を希望
26.0cm× 入荷連絡を希望
26.5cm× 入荷連絡を希望
27.0cm× 入荷連絡を希望
27.5cm× 入荷連絡を希望
28.0cm× 入荷連絡を希望
29.0cm× 入荷連絡を希望

何かお困りですか?返品交換、よくあるご質問などヘルプページはこちら

twitter

[ブランド]プーマ PUMA

[コレクション]PUMA SUEDE 50th anniversary スエード50周年

[モデル] スウェード ミッド クラシック ビッグ・ショーン Suede Mid Classic BIG SEAN

[サイズ選び]標準サイズとなっております

[コメント]PUMA(プーマ)の最もアイコニックなモデルであるPUMA SUEDE(プーマスウェード)。
その歴史を紐解いていくと「プーマスウェード」の前身である「プーマクラック」が発表された1960年後半にまでさかのぼる。
当時、西ドイツ製の高品質のパフォーマンスシューズとして重宝される。そして、1968年メキシコオリンピック。陸上200mの金メダリスト「トミー・スミス」、銅メダリスト「ジョン・カルロス」が、表彰台で「プーマクラック」を脱いで裸足になり、黒人人種差別に対する抗議のポーズ「ブラックパワーサルート」をした映像が世界中に流れ、大きな衝撃を与えた。スウェードアッパーのシューズだった事からプーマスウェードと呼ばれる様になる。

1970年に入るとプーマスウェードをベースにウォルト“クライド”フレージャーのリクエストによりバスケットボールで使用するために必要な機能を搭載し開発されたのが「PUMA CLYDE」が開発される。当時、バスケットシューズとして、多くのプレーヤーにも知られていたが一方、クライドやスウェードはそのシンプルでスタイリッシュなルックスは人気があり、アメリカを中心にストリートシーンでも徐々に多くの人達に知られるようになった。
1980年代に入ると有名アーティストたちに愛用され、ヒップホップカルチャーやスケートシーンに多くの影響を与えて世界中で愛用されるようになった。
時を経ても「プーマスウェード」や「プーマライド」の人気は色焦ることも無くウォルト・フレージャーは今も大きな存在感を出している。今日もそのクールなスタイルはそのままに現代ではカジュアルスニーカーとして多くの人達に愛されている。

そして2018年、「プーマスウェード」が誕生してから50周年の記念の年となるアニバーサリーイヤーを祝し、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のラッパー「Big Sean(ビッグ・ショーン )」が、スウェード50 周年を記念してデザインしたSuede Mid Classic Big Seanが誕生します。
プーマの創始者ルドルフ・ダスラーの時代のロゴを髣髴させるプーマキャットとD のマークが特徴的なコラボレーションロゴと、グリーン、ホワイト、ブルーの配色のテープとベロアとニットのコンビの素材使いは、フルコレクションと連動しています。ミッドカットのシルエットのこの記念モデルは、シュータンのプーマキャットとD のマークのロゴ、アウトサイドのBig Seanのサインが特徴的で、アッパーと同色のフォームストライプ(プーマライン)、ソック構造やハイキングシューズのレースに着想を得たユニークなシューレースホールによって、全く新しいスウェードとして生まれ変わりました。Big Seanを象徴するグリーン、ホワイト、ブルーのトリコロールは、かかとのループとアウトソールやインソールに採用されています。

NEW ARRIVAL

ITEM CATEGORY

<アイテム検索>

<ブランド検索>

S-Rush

<特集ページ>

<限定モデル>

店舗限定モデル

ページトップへ